携行品 × RFIDシステム

顧客:東日本電信電話株式会社様
管理対応:パソコン、設備

導入目的

  • 管理簿の種類が多く、手続きが煩雑である
  • 一度に複数の物を持ち出すため、申請に時間がかかる
  • 管理者による持出し状況の把握が不透明
  • 持出承認の確認工数の肥大

【写真の備品】
 ヘルメット、安全帯、腰道具、工具ポーチ
 工具バッグ、内訳書等、予備機各種 
 車検証、鍵 、タブレット 一式、設定用PC端末
 プリンター 一式、携帯電話、パルス試験機 
 IDテスタ、対照光、VDSLテスタ、RSBM鍵 
 ラインカード、融着機 一式、光キット

現行の管理ドキュメント

実現内容/課題

  • ヘルメット、パソコン、携帯電話などすべての管理対象物にRFIDタグをつけて個体管理
    課題:様々な管理対象があり、多種多様なタグの選定
  • 申請方法を簡略化するため、タッチ申請方法にアプリを開発
    ATMなどの汎用UIをイメージし単純で且つ見やすい画面の制作
  • 承認機能の追加
    顧客専用の承認プロセスを実現するため立会承認機能の追加
  • ゲートアンテナの制作
    両手が塞がっているため簡易に申請ができるように卓上→ゲートタイプを制作

構成、効果

携行品RFID管理システム構成

従来作業(手作業)及び汎用技術の持出し時間の効果

携行品RFID管理システムの効果

  • 異なる備品でも一度の申請でまとめて申請が可能になり、申請書類作成の時間削減
  • 自動検知による書類の誤記防止
  • 履歴のデータベース化により、持出状況の帳票化やスピード検索の実現
  • 立会承認の機能実装により、承認行為の効率化を実現

page top