工具 × RFIDシステム

顧客:鉄道会社様
管理対応:工具

導入目的

  • 工具の紛失防止
    持出記録簿の管理により、記入漏れなどが起きてします。
  • 作業引継ぎミス防止
    番線、車種、車号と業種特有の複雑な組み合わせがあり、
    作業内容等の引継ぎにミスが生じてしまう。
  • 作業の見える化
    作業内容や持出管理簿等のすべて台帳が紙で管理されており、即時にトレースすることが困難である。

実現内容/課題

  • 工具の紛失防止
    すべての工具(管理対象物)にRFIDタグをつけて個体管理
    課題:多種多様の工具があり、タグの新規選定及び読取り検証を実施
    未処理検知ゲートを出入口に設置し、未処理持出者の防止
  • 作業引継ぎミス防止
    専用カラムの追加及び表示画面の変更をし、使いやすさを向上し業種専用品として制作
  • 作業の見える化
    新規で表示APを制作。情報表示を一定時間で更新及び表示の切り替えをし大型モニタで表示(52インチ)

構成、効果

  • 多種多様な工具にRFIDタグの取り付けることができ、システムでの持出処理が可能になり、「スピディーで且つ簡易な持出処理」が可能になった。
  • 出入口に未処理検知ゲートを設置し「未処理持出防止」を実現。
  • 工具情報だけではなく、番線、車種、車号との紐づけることで作業情報の見える化し「情報共有と伝達遺漏防止」することができ、作業引継ぎミスを防止になった。
    *大型モニタの表示

RFID工具管理システム・構成

管理アプリケーション 大型モニタ(52インチ) 持出返却装置 未処理検知ゲート

カタログ


page top