F&M-Portal データセンタ モニタリングシステム

社会のデジタルトランスフォーメンションを支えるデータセンタ。今、リモートワークなどでその役割は高まる一方、需要拡大に伴う消費電力の拡大、業務負担の増加などが課題になっています。F&M-Portalはデータセンタのラックや空調機ごとの消費電力をはじめ温湿度分布などの環境情報を一元管理し、データセンタのエネルギーと運用をサポートいたします。

特長

FM-Portalの特長 データセンタの運用をサポート

1.リアルタイム監視

  • 電流・電力・温度・湿度などの各種計測データをリアルタイムで監視
  • 閾値や勾配から異常を早期に検知、速やかにメール等でお知らせ

FM-Portalの特長 データセンタをリアルタイムで監視

FM-Portalの特長 データセンタをリアルタイムで監視

2.高い信頼性

  • 高精度マルチセンサーゲートウェイ『PTC6464-S』が2日間分の計測データを保持。ネットワーク異常時でもデータ欠損の低減。 ※PTC6464-S導入時のみ
  • PTC6464

  • システムサーバを複数設置することで、負荷分散と冗長構成による信頼性向上
  • システムはクラウド上に構築することも可能

3.柔軟なシステム連携

  • お客様のDCIM 等の既存システムとデータ連係が可能
  • 他社計測装置との接続も可能で、初期導入コストの低減に貢献

FM-Portalの柔軟なシステム連携

構成図

FM-Portalのシステム構成

導入コンサルから保守、ご要望に応じたカスタマイズ対応まで一貫してサービス提供します。

FM-Portalの導入

保守

ヘルプデスク、遠隔監視サービス各種保守メニューを準備しております。

導入実績

約40データセンタ(DC)で稼働中

  • 某キャリアA様DC(約20.000センサ)
  • 某キャリアB様DC(約3,000センサ)
  • 某キャリアC様DC10拠点統合(合計:約12,000センサ)
  • 某キャリアD様DC(約5,000センサ)
  • 某米国大学様DC(約300センサ)
  • 某金融系様DC(約5,000センサ)

ユーザーインターフェース


page top