efPORTシリーズ

M2Mに最適なモバイルゲートウェイ

efPORTシリーズはM2Mに適した産業用のIoTモバイルゲートウェイです。
重量125g、ポケットティッシュサイズの超軽量設計に加えて、回線の自己診断機能、自己復旧機能を有し、遠隔地での無人の環境も含め、場所を選ばない安定した運用を可能とします。
国内設計・国内生産での機器提供も合わせて、産業用機器として確かで安心なシステム構築を実現します。

efPORT

efPORT-TSDocomo回線対応
efPORT-T3KDDI回線対応
製品カタログダウンロード
*右記製品は販売終息いたしました。 efPORT-S, efPORT-T

製品外観図

特長

1.NTTドコモ、KDDI(MVNO含む)LTE回線に対応

NTTドコモ、KDDIのLTE回線を使ったIoTネットワークの構築が可能です。
センサーや機器を接続し、データ収集、解析、機器連携等、様々なIoTソリューションにて
ご利用いただくことが可能です。

2.小型・軽量

本体サイズは70.6(D)×107(W)×35.5(H)mm、重量は 125g以下と軽量設計しており、
設置場所を選びません。
機器の間や配電盤の中、床下等、僅かな隙間にも設置可能です。

3.広範囲な温度対応

動作温度範囲を-10~60℃とし、様々な環境下で対応が可能です。

4.AC/DC電源に対応

ACアダプタでの対応に加え、DC電源にも対応していますので、商用電源が無い環境においても
ネットワーク構築が可能です。
範囲:DC12V~24V
※ DC電源を用いる場合、安定したDC電源が必要となりますので、導入前の事前検証を推奨しております。

5.安心の国内設計・国内生産

IoTシステムソリューションのデータ中継の要を担う本機器では、安定した機器品質、
機器供給の安全性を考慮し、国内設計、国内生産によってご提供させていただいております。
いつ、いかなる時期に装置を購入しても、いつもと変わらずに安心して機器をご利用いただけます。

6.AAA機能による止まらないシステムの実現

時には、不安定な環境下にさらされることもあるモバイル回線でのデータ通信を考慮し、
CPU-FW(ファームウェア)-プロセス-通信モジュール間での多段監視機構を採用することにより、
安定(A)、安全(A)、安心(A)を機能化しました。
定期的な装置の自動再起動機能、通信モジュール異常監視機能、圏外監視機能などの
自己診断・自動復旧機能を搭載した産業用機器として『止まらないシステム』の核となります。

7.IPネットワークの柔軟な設計を実現

LAN機器とネットワーク側のサーバ間で、円滑なIPパケットの通信を行うための仕組みを搭載しています。
NAT機能やポートフォワーディング機能、フィルタリング機能により、運用に合わせたネットワーク構築を
実現できます。

8.柔軟な機能拡張性とカスタマイズ対応

拡張用のAUXポートを有し、装置の特注カスタマイズ対応等、柔軟な機能拡張が可能です。
別途接続するUSB機器を介した基礎データの収集によりシステムでのソリューションへご活用頂けます。
※カスタマイズ対応は弊社による特注品開発対応となります。
 ご購入者様が本製品を自由にカスタマイズできるものではありませんのでご注意ください。

導入事例

関連プロダクト

page top