環境モニタリングシステム

インフラ未整備・遠隔地に設置された太陽光発電システムの故障監視や発電量の把握ができます。
M2Mプラットフォーム「Cloud Rei」を活用することによって、いつでも・どこにいても太陽光発電の状況が確認でき、安定稼働が求められる太陽光発電システムにおける、 安心・安全な運用体制構築をサポートします。

特長

取得できるデータは発電電力量、消費電力量、故障情報など。お客様要望に応じてその他のセンサ情報の取得も可能です。(センサも宮川製作所からご提供)
取得データはM2Mフレームワーク「Cloud Rei」へ展開し、専用アプリケーションで閲覧することができます。
屋外環境(電源や通信用LANが無い環境)であっても、モバイルゲートウェイ「efPORT-S」を設置することで通信環境の課題は解決。 安価なMVNO回線にも対応しておりランニングコストも抑えることができます。
アプリケーションから端末・プラットフォームの運用まで弊社にて一括請負ができます。

構成図

ソーラーパネルの発電量・施設内の消費電力量の監視に使用

  • 取得データはクラウドサーバへ展開し、クラウドアプリケーションで表示
  • 屋外環境(電源や通信用LANが無い環境)の為、efPORTを活用
  • アプリから端末またクラウドサーバの運用まで弊社にて一括請負

定期的な異常検知をクラウドで行う為、販売代理店様のメンテナンス効率などが向上

ソーラーパネルの発電量・施設内の消費電力量の監視

サーバアプリの主な機能

  • 発電情報受信
  • 発電異常検知および通知
  • ユーザ向けWeb表示
  • 代理店向けWeb表示

関連プロダクト


page top