位置情報管理システム

バス車載機が定期的に送信する様々な情報をもとに、クラウドサーバ上で一元管理。バスの遅れ、異常発生時の早期発見・対処などに利用できます。
また、クラウドサーバ上で管理している情報を、スマホや接近表示付バス停に送信・参照させることで、バス停でバスを待っている人に、バスの接近情報をグラフィカルに表示、バス停に向かっている人は次のバス到着に間にあうかの確認ができます。

特長

MSKの位置情報管理システムは、バス車載機開発経験をもとに、音声放送装置や各センサ等と連携できることが特長です。
また、無線LAN、GPSを内蔵しているため、コンパクトな設置面積で配線も少なく工事の手間を削減できます。
バスに限らず、タクシーやトラックも含めて全ての車両において、クラウドサーバとの連携により利用者に一番近い空車車両をリアルタイムで把握する、急ブレーキの発生箇所・回数を見える化などが可能となります。
タクシーやトラックに対応することで、取得・管理したい情報など、お客様のご要望・用途に合わせて取り付ける装置やセンサも含めて、ご提案いたします。

構成図

関連プロダクト


page top