遠隔制御システム

遠隔地にある機器を操作する、異常発生機器を復旧させる等、遠隔での機器制御が可能です。
機器から自動的に送られてくる情報による自動制御以外に、オペレータ側から遠隔機器に特定の命令を出すことが可能なシステムです。
人が状況を判断し、機器に必要な動作を命令するなど、人的な判断が問われる場合に最適なシステムとなります。
例えば遠隔地の機器の保守サービスを運用したいなどにご利用いただけます。

特長

M2Mフレームワーク「Cloud Rei」では、そのシステム上に遠隔地機器の操作系統を内包することが可能です。
WEBカメラの角度を変えたい、スナップショットを撮りたいなどの機器操作をクラウドシステム上で行うことができます。 (機器操作のシステム組み込みについては別途ご相談となります)
また、「Cloud Rei」とMSK提供の3Gルータ「efPORT-S」を組み合わせることで、異常発生機器の復旧操作を行えます。
クラウド上操作で機器の電源OFF-ON命令を行うことで、命令を受けた「efPORT-S」が機器の電源OFF-ON処理を実行し機器異常からの復旧を実現します。
問題が発生した場合に遠い現地に赴き復旧作業を行う、そのような無駄な人件費の削減が可能です。

遠隔地機器への命令送信、復旧処理に使用

  • クラウド上に機器操作を組み込み。末端機器のインタフェースを意識せずにクラウド上だけで簡単操作
  • 送信されてくる機器の情報、状態を確認してから操作することができる安心感
  • 機器復旧機能も含め、現地へ行く手間・人件費削減が可能

構成図

遠隔制御システム

サーバアプリの主な機能

  • 機器操作システム組み込み
  • 操作、復旧命令他各種命令送信
  • ユーザ向けWeb表示
  • 代理店向けWeb表示

関連プロダクト


page top